白無垢で大和撫子な花嫁に!和装結婚式の種類と特徴

和装結婚式の種類は3つ

近年は白無垢など和装に憧れる花嫁さんが増え、和装結婚式の人気が高まっています。しかし、一概に和装結婚式といっても種類があり、大きく3つに分けられます。
1つ目は神前式で和装結婚式で最も一般的なスタイルです。神社やホテルの神殿で行われることが多く、神道をベースとした儀式がとり行われます。2つ目は仏前式で仏教の教えに基づいた儀式が行われるのが特徴です。ホテルで仏前式に対応できるところは少ないため、寺院もしくは菩提寺で行われるのがほとんどです。3つ目は人前式で、親族や親しい友人の前で結婚の誓いを立てるスタイルです。宗教に関係なく行えるスタイルであるため、自由度が高く人気があります。
自分たちに合ったスタイルを選ぶとよいでしょう。

和装結婚式の衣装の種類

和装結婚式といえば白無垢というイメージがありますが、それだけでなくいろいろな衣装の中から選べるのも魅力です。白無垢以外で人気のある和装衣装としては、色打掛、引き振袖、中振袖などがあります。
色打掛は室町時代の武家女性の礼装とされていた着物で、華やかさが特徴となります。披露宴で色打掛を着るのが一般的ですが、結婚式の時に色打掛を着るのもOKです。引き振袖は江戸時代の武家の婚礼衣装として着用されていたもので、結婚式にピッタリの着物です。裾の部分を引きずるような優雅なスタイルとなります。中振袖は成人式で着用するタイプの振袖です。着物の色柄も豊富でイメージに合う着物を見つけることができるでしょう。

人生で最大級のイベントになるのが結婚式です。四日市の結婚式場は誠心誠意対応してくれるスタッフのいるところが多く、とても頼りになります。